放置少女

【電脳せどり】2020年 販売先はココから始めよう。オススメ3選【せどり初心者必見】

電脳せどりを始めたいけど、販売先はどうしよう・・・」

という方の為に、オススメの販売先をサクッと紹介します。

オススメの販売先3選

Amazon

Amazonで買い物をしている方は沢山いらっしゃると思いますが、出品用アカウントを作成すれば、個人でも販売出来ます。

メルカリ

手軽に販売出来るフリマアプリ。
適正な価格で出品すれば、速攻で売れる事も十分にあります。

ヤフオク

オークションといえばヤフオク。
オークションと即決、どちらでも販売出来るのが特徴。

メリットとデメリット

Amazonのメリット・デメリット

【メリット】

✅FBAに登録すれば、発送作業は纏めて送るだけ

FBA(フルフィルメント by Amazon)に登録して、販売したい商品を纏めてAmazonに送れば、商品が売れた後の発送作業をAmazonで行ってもらえます。
手数料は必要になりますが、販売したい商品が多い場合はとても助かります。

【デメリット】

✅手数料が高め

Amazonで商品が売れた場合は、手数料も高いです。
月間登録料(大口出品)、基本成約料(小口出品)、販売手数料、カテゴリー成約料、FBA利用時には配送代行手数料などなど・・・様々な名目で手数料が発生します。

メルカリのメリット・デメリット

【メリット】

✅出品作業が簡単

流れとしては、
商品の写真を撮って、

商品名、商品説明を書いて、

商品カテゴリー、商品の状態を選んで、

送料、配送の方法、発送の地域、発送までの日数を選んで、

販売価格を設定する。

と、ザックリこんな感じです。
テンプレートを作れば、簡単に出品出来ます。

【デメリット】

✅値下げ交渉が多い

メルカリは購入者からの値下げ交渉があります。
もちろんお断りする事も出来ますが、売れるまでにメントのやり取りが発生する事が多いです。

ヤフオクのメリット・デメリット

【メリット】

✅販売方法が【オークション】と【即決】で選べる

オークションのイメージが強い方もいると思いますが、ヤフオクでもメルカリのように即決で出品する事が出来ます。

オークションの場合は、終了する曜日、時間をいつにするかが出来るだけ高く売るポイントになります。

【デメリット】

✅【Yahoo!プレミアム】に登録しないと、機能が制限されてしまう

出品の機能をフル活用する為には、月額462円(税抜)の【Yahoo!プレミアム】に登録する必要が有ります。

しかし、ソフトバンクのスマホを利用していればプレミアム会員の料金不要でプレミアム会員特典が利用出来ます。

イチオシはココ

私のイチオシは

【Amazon】

一番の魅力は、やはりFBAですね。

ネットで仕入れて、販売する商品を纏めてAmazonに発送。
商品が売れたら、発送はAmazonで行ってくれる。
仕入れから販売まで、ほぼ在宅で完結する事が可能です。

ただし、
販売する数が月間50個以下
販売する物が小さい(郵便ポストでいける)
といった場合は、メルカリやヤフオクで良いかもしれません。
Amazonの手数料はやはり高いので。

まずは、家にある使わなくなった物をAmazon、メルカリ、ヤフオクで売ってみて、それぞれの感覚を知る事をオススメします。

こちらの記事で自己紹介してます。