放置少女

【最強の暇つぶしとは?】暇をつぶし過ぎて将来が不安なあなたへ

「今日は休みで暇だなぁ・・・何か楽しい事ないかなぁ。」

このような思いをされている方へ、暇をつぶし続けた私からの思いを届けます。

暇をつぶし続けた結果

結論から言うと、暇はチャンスです。

勉強して自分を成長させるチャンス!

「なんだ、そういう話か。興味無いな。」

「ちょっと待って!もう少しだけ話を聞いてください!」

私は今まで何時間の【暇】をつぶしてきたか、想像がつきません。

暇な時の過ごし方
・Youtubeをだらだら見る
・ゲームアプリ
・競馬
・スロット

こんな感じで過ごしてきました。

全ての暇つぶしが悪いなんて言いません。

興味のある映画や動画を見る事でリフレッシュやストレス解消になり、情報や話題を得る事もあります。

ただ、【なんとなく】時間をつぶしてきた事が良くなかった。

気付けば、あっという間に2~3時間が過ぎ、

「もうこんな時間か!明日も仕事だから早く寝ないと!」

朝起きる⇒仕事行く⇒仕事終わる⇒なんとなく過ごす⇒寝る

平日はこのループシステムが構築されてしまい、休日はストレス発散に

買い物したり、競馬に行ったりしてました。

将来に対して漠然とした不安を抱えつつも、不安を消す為に何もしなかった。

自分がしていたのは、不安を一時的に忘れる為だけの事と。

その結果、残ったのは不安だけだとようやく気付いた。

こちらの記事で自己紹介してます。
【個人で稼ぐ力が必要な時代】立ち上がった40代

「社会人の勉強時間:一日平均6分」の事実

タイトルにもありますが、ここで一つデータを紹介します。

「社会人の勉強時間:一日平均6分」

総務省が平成28年に出したデータなので、少し古いですが信用出来る数字だと思います。

この数字を見て、どう思いましたか?

「一日6分?みんなほとんどやってないじゃん」

「少し頑張れば全然いけそう」

私はこのように感じました。

副業の拡大やコロナ禍があって、現在この数字は増えているでしょう。

それでも、全く勉強していない人は相当数いるのではないでしょうか。

すぐに行動する事は難しいかもしれません。

その気持ち、よく分かります。

不安を抱えつつ

「自分を変えたい」

という思いはあっても、

「でも、何をすればいいのか分からない」

「上手く行く気がしない」

「どうせ無理だろう」

「失敗したら嫌だ」

そのような別の不安に襲われるかもしれません。

自分が傷つく事を恐れ、行動に踏み出せなくなってしまう。

私自身がそうでした。

でも、行動せずに過ごしてきた結果が今の自分なのです。

強運があれば宝くじが当たるかもしれない、玉の輿に乗る事が出来るかもしれない。

これはあまり現実的じゃないですよね。

となると、自分を変えて行動する方が可能性あると思いませんか?

例えば、

「自分のお店をオープンする為に、開店資金1000万円かけて準備しよう!」

このような行動をする場合は、もちろん失敗は許されないでしょう。

十分にリスクを考慮し、綿密な計画を立てて行動する事が必要です。

ですが、今は多額の初期投資を必要としない副業が多数あります。

今始めないと、この先も恐らく始めない。何も変わらない。

場合によっては仕事を失う可能性もあるでしょう。

私は絶対に今挑戦するべきだと思い、行動を始めました。

最強の暇つぶし

行動しよう!と思っても、何をすれば良いのか分からないという方は、

以下を参考にしてみてはいかがでしょうか。

・ビジネス系Youtube動画を見る
・Twitterでビジネス系の方と絡む

今まで暇つぶしにやっていたゲームの時間の内、一日1時間勉強に使うだけであなたの中の意識が変わり、自分自身の変化を感じていくでしょう。

ゲームをしない方が良い、何て言いません。

メリハリをつけて、行動を変えていく事が重要です。

そして、勉強して得た情報はどんどん発信していきましょう。

学生時代に勉強していた内容をどのくらい覚えていますか?

大体の方はテストの為に勉強していた内容など、テストが終わった瞬間から忘れていってませんか?

インプットした情報をアウトプット(発信)する。

発信方法
・得た情報をTwitterで発信する
・メモをとって何回も読む
・声に出して復唱する

こうする事で、得た情報が知識としてあなたの脳に強くインプットされます。

例え、すぐに成果が出なくとも焦る必要はありません。

諦めてしまったらそこで終わりです。

上手くいかない時は、振り返りながら改善すべき所を探して行動を続けましょう。

私もまだ動き始めたばかりです。

あなたと一緒に頑張っていきたい。

あなたの大切な時間、暇の使い方を見直す機会になれば幸いです。